スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヨーロッパ車が怖かった

去年の話です。
ブログに写真もありますが、アウディのA6のアバント(ワゴン型)、中古に乗っていました。
9年目くらいの中古。
速い車で、4輪駆動の性能が良く、コーナーが安定していました。
でも、もうヨーロッパ車には懲りました。

その後、あまりに整備だのマイナートラブルが続くので、アウディを好きな兄に譲りました。

そうしたら、兄が運転中に後輪のディスクブレーキのピストン部分の破壊でブレーキ液が完全に
失われ、ブレーキが全く効かず、ペダルも抜けてしまい、制動・停止が不能になりました。

結局サイドブレーキを使い路肩に寄せて止めたそうです。

高速道路じゃなかったのが、不幸中の幸い。事故は避けられました。
しかし兄は言いました。

「この車いらない。」

「こんな基本的なパーツが壊れるなんて、信頼性に問題がありすぎる。走行性能以前の問題だ。」

この故障の修理はブレーキ、1か所15万円だそうです。
4輪の交換をすすめられたので。全部やったら60万円。

もちろん4輪の交換はしないで売ったそうです。二束三文。

ヒドイ話。

僕は決めました。
アウディでもBMでも新車から乗れる?羽振りなら良いですが、中古のヨーロッパ車は避けようと…。




スポンサーサイト

テーマ : 自動車全般
ジャンル : 車・バイク

初心運転者の方へ(連休の首都高速の恐怖)

今朝の首都高速S1、川口線で怖い思いをしました。

連休などでは、普段運転していない「ホリデードライバー」の方や、初心運転者が高速に乗ってきたりして怖いのですが、今日は相当な、困った運転者でビックリしました。

僕がS1の上りの右車線を走っていて、右の入り口からの合流で、ランクルプラドが見えていたのですが、まあ車種から言って大丈夫だろう?と思い、減速しながら前に入れるようにした…のですが、このランクル、加速しないで「どんどん減速して」ついには右車線走行中の僕までも止めさせて車線に入ってきました。
後ろの車も数台、本当に驚いたと思います。
前に入れさせようとしていたから、僕も減速はしていたので、急ブレーキをかけてはいなかったけど、それでも完全停止をさせられたのには、下手を通り越す運転で、驚きました。
「加速車線」の意味すら、わからないのでしょうか?免許を持っているのに…。

この際なんで、

初心運転者の方に言いたいことが沢山あります。

1.高速の合流は本線を走る車と併走してからその車の後ろに入るイメージ。 
  料金所を出たらアクセル全開(あえて全開)で、一気に加速して、本線を走る車と
  並んで走る位の速度・感覚で、合流する瞬間は、多少とも減速しながら横を
  併走する本線走行車の後ろに入るのです。
2.いつも周囲の車を意識して走る
  よく見るのは、信号で止まるときに、はるか手前から減速して遅く走ったり、停止時も前
  を10mも空けて止まったり。これでは後ろの車から見るとあなたの車が普通の動きでは
  無いので、戸惑うのです。
  普通で無い予測不能の動きは、必ず危険を伴うと心得るべきです。
  追突されます。
3.右折の時、交差点の真ん中まで出て待ってください。
  右折は前で待つのです。「右左折の方法」と言う道路標示があれば、その位置まできちん
  と進んで待つのがルールです。初心運転者は、はるか手前の停止線から右折しようとします。
  交差点の中央くらいまで出てくれないと信号の変わるタイミングで右折できる車が1~2台
  になってしまいます。青の時に交差店内に入っている車が信号の変わり目で右折できるので
  すから、あなた(初心者)が手前から右折すると後ろの車は皆迷惑なのです。
4.何も無いところでブレーキを掛けない
  田んぼの一本道などで、何も無い時・所で、急にブレーキを踏まれると後ろが驚きます。
  速度調節では、すぐにブレーキを踏まず、アクセルのコントロールをしてください。
  ブレーキを踏むとブレーキランプが点きます。これは後続車への減速と停止の合図なのです。
  意味不明でも、やたらブレーキランプが点くと後続車はあなたの停止に備え減速する必要が
  あるのでこれが度重なると本当に「嫌がられる運転」になるのです。
5.左折の時に車を右に出すのを最小限にとどめる。(過剰な内輪差意識)
  あんたは大型トラックか?と言うくらい左折時に一旦車を右に出す人がいます
  が、ハンドルの切り始めの位置を奥にすることと、速度を落とす事で曲が
  れます。10トントラックのような曲がり方をする軽自動車が多いです。
  ゆっくり速度を落として曲がることが第一歩ですが…。
6.信号停止で一度止まった後でちびちび動く
  もうお分かりですよね。後ろの車は、あなたが動くたびに車の間隔を詰めるのが面倒なんです。
  嫌われます。手前で止まってちびちび動くのは…。
7.高速道で右車線に居座らない。
  道には他の車の流れのスピードがあるので、他車のフタにならないように。
  ゆっくり行くのなら左側車線を走りましょう。
  
  常に一人で走っているのではなく、周りの車と走っているのだ…と考えたら、上手く
  いく筈なんですが…。
  

テーマ : 自動車全般
ジャンル : 車・バイク

エンジンが掛からない!!アウディA6

とんでもないです。
僕の車
AUDI A6 AVANT_edited-1
写真二度目です。

アウディA6アバント(中古)は、
エンジンが掛からなくなるのです。

おばさんを迎えに川崎に行った時に、一度エンジンを切るともう掛かりません。
キーを入れてひねってオンにして、オーディオなどが動き出して、さらにキーをひねると、
うんともすんとも…

セルモーターが回りません

で、
5分から7分くらいしてから、またチャレンジすると掛かります。

これが最初は一回だけ、数日後には1日4回も5回も…。

とうとうガソリンスタンドで動けなくなる始末(5分後に掛かりましたが、ヒヤヒヤでした)

いったいアウディの信頼性って何なんでしょうか?

いくら中古でも古くても、最近だってディーラーにリコールで持って行ったばかりだし。

結構怒ってて…、でもまた、ディーラーさんに相談しました。

そうするとシフトレバーが今どの位置にあるか?のセンサーで、マルチファンクションスイッチと言うのの故障だろうとの事。

結局修理に入れ、ついでに本当にこの車、怖いから、悪いところを12ヶ月点検でチェックです。
ついでにヤケクソで再度のオイル交換も…。

最近洗車の時に気が付いていた左フロントのホイールの内側のオイル汚れ!!は指摘したら、
左フロンド・ドライブシャフトのゴムブーツの破損
(スバルでも9万キロで起きたが、このアウディは6.5万キロ)でした。

嫌な予感的中です。

他にも、さらに点検してもらったら、
点火プラグが規定の使用限度の走行キロ数が来ていて、傷んでいて要交換。

エンジン音がパラパラして「アウディってエンジン音は悪いなあ」と思っていたら、マフラーのバンドの破損で
排気ガスが漏れていた。

ああ、出てくる出てくる。憂鬱。

もううんざり

悪いところだらけじゃないの!!
って感じでした。

1月の終わりに買ってから今までの修理などを一覧にすると

・購入時バッテリー 交換
・購入時 オイル&オイルフィルター 交換

<買ってすぐ>
・ドアのパワーウインドゥ故障 スイッチ交換   20,000円(販売店様負担)
・後席の天井のライト故障 交換          23,000円(販売店様負担)
・フロントスモールライト電球切れ 右 交換   1,770円
・リコールによる 燃料タンクの錆び対策など   無料
・ワイパーゴムの新品純正への交換とリアゴム    6,880円くらい
・オイル添加剤シュアラスター            2,980円

<今回の修理>(134,531円)
・マルチファンクションスイッチ故障 エンジン掛からず  修理  40,845円
・フロント ドライブシャフトブーツ           修理  24,817円
・左スモールランプ                  交換   1,770円
・法定点検(オイル。オイルフィルター交換込み)         26,250円
・エアコンのフィルター交換                   6,405円
・プラグ交換                          21,210円
・マフラージョイント破れ                修理  13,230円

あなたなら怒りますか? 

写真は好きなオイル添加剤
シュアラスターのエンジンリカバリーです。
またシュアラスター

添加剤だけで済むなら、平和なんだけど。
相当、国産車が恋しい。

古いAUDI A6 AVANT

AUDI A6 AVANT_edited-1

兄の強い勧めでした。
「お前も一度、安い中古のヨーロッパ車に乗ったら?」…とりわけ兄の乗っているAUDIの
クアトロを勉強のために乗ったらどうだ?と強い勧めでした。

兄のAUDIのA6のアバント(2.8L)は、12年物をほんの○十万円で買ったものですが
、やはりコーナリングとか、凄い性能だよ…との事。

僕は兄ほど飛ばさないので、自分のエスクードの手を入れて改造したオーディオの性能や全体の
四角いデザインや雰囲気を気に入っていましたので悩むところでした。
しかし、年の始めにに車屋さん(エースオートさん小山市)から事前に見ていただいていた、
このエスクードとの等価交換で良いから2003年登録のAUDIの3.0のクアトロがあり
ますが見てみませんか…と言うお誘いがありました。

迷いましたが、ドイツ車を通じて文化の違いも勉強になるし、、云々と言うことで、等価交換
をしていただくことにしました。

いやー。
初めて乗る外車??がこれです。8年目に入る古い車なのにマアマア綺麗です。

しかし、日本車しか知らない僕には、この1ヶ月半、、、驚きの連続でした。

まず、車が重いです。
約1.8トンです。びっくりの重量感。

ドイツ車は重さで高速走行時の安定性を作っているのかと…。

それに、やはり驚きはマイナーな故障なのですが、電気部品などあちこちが
普通に壊れているのです。

ルームライトがドアを開けても点灯しないので、AUDIのディーラーで調べて
もらったら、接触不良で部品の交換でしか直らないとかで、23,000円との
お見積もり。

ビックラこきました。

後は後部座席で窓が開けられない。

これは運転席の「チャイルド何とか」という子供が窓を勝手に開けないように
する安全対策のスイッチの不良で、同じく運転席のパワーウインドウのスイッ
チ全体の交換で20,000円少々だそうで、ビックラ2こきました。

そんなレベルの故障があるなんて…スイッチ故障だの接触不良だの…。

しかもワイパーとかが汎用のパーツが使えない、アウディーの専用品。

色々修行です。

しかし、走りは良い??です。

今度このページは欧州車に初心者のオヤジの悩みのレポートになりそうです。


テーマ : 自動車全般
ジャンル : 車・バイク

エスクードのオーディオ改造6 ステアリング・リモコン活用

エスクードのオーディオ改造もいよいよ終盤
ツイーターを変更し、コンデンサーにもこだわり、デッドニングを完了してアルパインのスピーカー
ユニットを入れた音は最高??です。
で、次はオーディオ本体のヘッドユニットの交換を考えていたのです。
純正のオーディオは正直言って…音も機能も駄目です(笑)

で、白羽の矢はパイオニアの1DINのオーディオでUSBの入力があるやつです。
USB
↑これがUSB端子に刺したメモリの例です。ご存知ですよね。すみません。
このオーディオはたいしたもので、MP3やWMAやWAVなどの様々な音楽のフォーマット
 で記録された音源を再生できるのです。
僕は家庭のオーディオでi-pod用に圧縮した音源がどれほど駄目な音か!を実験して知っていたので、
WAVという非圧縮のCDのまんまの音源にこだわっています。
それを車でも聞きたいと考えたのです。
スピーカーも絶好調ですから、CDのままの高音質のWAVのファイルを再生する能力は
余裕であるのですから…。
で、ハードディスクにCDをそのままの品質で300枚分
とか記録して車で聞く
ためにパイオニアを選びました。
18ハードディスクを追加してニコニコ
↑この写真が完成像です。
2DINの空間に1DINのヘッドを入れて下のポケットにハードディスクを入れています。
車の中にCDを300枚以上持ち込んだ状態がこれです。
(実際はCD650枚くらい収容できるハードディスクですが)
次に、やりたかったのがステアリング(ハンドル)にあるリモコン…クラクションのボタンの
横の純正オーディオ操作用のステアリング・リモコンのボタンでカロッツェリアのオーディオ
を操作したい!!のです。

純正のステアリング・リモコンで非純正のパイオニアのオーディオの音量、曲選び、早送り巻き
戻し、ソース選択、ミューティング(消音)などの操作をやりたかったのです。
つまり、さらーに、短く言うと、

ステアリング(ハンドル)のリモコンで非純正のオーディオを
操作する
!!です。

ステアリング・リモコンは視線の移動も無くてオーディオをいじれるので本当に便利ですから。
でもこの話を普通にオートバックスなどのショップで聞くと「そんなのできません」なの
ですが、ネットで調べると、ALCON(アルコン)というラーニング・リモコン・
ユニットがあって、ステアリングのスイッチの入力を赤外線リモコンの信号に変えてヘッドユニット
に送信して本体を操作できる代物があったのです。

で、それをいつもの車やさん
ビッグウェルオートの大井社長(整備士さんです)に相談して
取り付けをお願いしました。
もともと、ビッグウェルオート(千葉県)はこのエスクードを売ってくれたお店です。
大井さんはこの面倒な取り付けを引き受けてくれました。感謝。
ではビッグウェルオートの写真や取り付けの状況などをお見せします。
1ビッグウエルオート1
↑ビッグウェルオートさんの外観。いいでしょ。車屋さんって感じでしょ。
2ビッグウエルオート3
↓事務所の感じ。整備士さんのお店。
3ビッグウエルオート2

4リモコン1
↑で、いよいよ大井さん自らの作業で内装のモール類の取り外し開始
5リモコン2
↑手際よく外していきます
6リモコン3
↑↓純正オーディオってこんなだったんだス。
7リモコン4

8リモコン取り付け内部2
↑↓この赤丸の中がラーニングリモコン「アルコン」の本体。赤外線リモコンで純正の
ごとくにオーディオ操作するご本尊です。
9リモコン取り付け内部1

10リモコン取り付け内部3
↑このリモコンの基盤をステアリングからの信号で操作して、パイオニアの
オーディオ用の赤外線の信号を発信します。実際はこのオーディオの裏から
長い長いコードを使って、車のフロントの柱の中を通して天井まで伸ばして
そこに赤外線LEDの発光部を取り付けます。
フロントのピラーの中を電線が走っていくわけです。
11リモコン発光部1
↑で、これがリモコンの発光部をつけようとしている前席中央天井のルームライトのところ。
穴を開けて赤外線LEDのブラケットをつけます。(LEDのブラケットはナカナカ売って
いないので、秋葉原で赤色LEDが入っているブラケットを買ってきて赤のLEDを外して
ブラケットだけ流用するのです…勿体無いですが…)
12リモコン発光部2
LEDブラケットを取り付けたルームライトのパーツの裏側です。このブラケットは僕が
秋葉原で買ってビッグウェルオートに持ち込みました。
13リモコン発光部3
↑発光部はこういう感じです。
14リモコン発光部4
↑天井に取り付けた感じ。ここからオーディオめがけて赤外線が飛んで操作するという
仕掛けです

15取り付け完了
↑でヘッドユニットも大問題もありましたが、取り付け完了して収まりました。
用意した交換パネルが3.2XSのグレードではなくエアコンの操作部が違っていたので
パネルを真ん中で切断し、上は2DIN下は今までのパネルのままという大手術をやりま
した。でもうまく収まりました。こういう大事件はなんかしら、あるものです。

16リアのユニットを検討し内張りの防振追加
↑蛇足ですが、その後にやや内装側のビビリを感じたのでエプトシーラーを追加して、
 がっちり防振を強化した時の写真
 ドアの向こう側に小さくですが、アルパインのブルーのコーン紙のユニットが見えます。
 音質の比較でこの青いユニットは使用しないことになりましたが、良いユニットでした。
17リアのユニットを検討し内張りの防振追加2
↑これを前後のドアの内張り側のプラスチックに施しました。
 意外にドアの鉄板だけでなくプラスチック部分も鳴くものなのですね。
で、この後の写真が無いのですが
この後ビッグウエルオートの大井さんにスーパーウーハーの取り付けもお願いしました。
パイオニアのTS-WX210Aです。
僕はオートバックスさんなどでじっくり試聴をしてこのスーパーウーハーを選んでいます。
間違いない音だと思います。
TS-WX210A1.jpg

TS-WX210A3.jpg

で結局このスーパーウーハーも接続に色々変更があって、スピーカーコード接続
ではなく、RCA(赤と白のコードです)でつなぎました。

パイオニアのヘッドユニットとパイオニアのスーパーウーハーはRCA接続な
らばお互いが守備する周波数の設定を細かく分割できて便利なのです。

で、クロスオーバーをヘッドユニットの調整メニューで設定して、ドアの4つの
スピーカーは150Hz以上を再生し、
スーパーウーハーには150Hz以下を分担させました。

このヘッドユニットでの周波数分割は効果的で音がすっきりしました。

赤外線リモコン(ラーニングリモコン)「アルコン」を使った感想ですが、レスポンスが
早いのでステアリングのリモコンを操作してから、本当に瞬時にオーディオが反応します
から、赤外線リモコンなどを経由している感覚はなく、まったく純正の感じのままです。
この反応の速さ、動作の速さは凄い快適です。

欠点はひとつだけです。
オーディオ本体に
直接夕日などの日光が強く当たっていると、赤外線の信号が
読めなくなるらしく、その場合だけ一瞬操作が不能
になります。
僕はこのことにすぐに慣れたので、リモコンが効かない時はオーディオ本体の前に手を
かざして日光をさえぎって、影を作ってあげていますので、そうしたらステアリング・
リモコンが効く様に回復するので問題はありません。

今回のエスクのオーディオ改造はココで終了です。
お読みいただき、ありがとうございました。



テーマ : カーオーディオ
ジャンル : 車・バイク

プロフィール

b-natural

Author:b-natural
東京の日本橋で小さな会社(ビー・ナチュラル㈱)をやっております。
開発が好きな人間で、ここに仕事の事や趣味のことなどを書いております。

バッグの中身・リルビー
カバンの中身シリーズ
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。