スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガスランタンのメンテナンス

気になっていた中古ガスランタンをゲットしました。
SF2000外観

…サウスフィールド(アルペン)の3マントル(光るところが三つ)の大光量ランタンSF2000を
オークションで入手。
中古品で、それなりの品質です。
メンテナンス・整備が必要です。
分解して丁寧に清掃し、特にニードル・ノズルの部分(ガスの出る針のような穴)を細いクリーナの針金
で掃除をし、さらに干からびた小さな虫の死骸なども掃除して…いましたら、バーナーキャップ・スクリ
ーン(ガスの出口の金網の部分)がボロボロに崩れてしまいました。
錆びて痛んでいたのですね。(びっくりです)
で、パーツを手作りすることにします。
バーナー1
↑↓3個のバーナーの先端に丸めて作った金網を入れています。
バーナー2
で、↓こういうステンレスのメッシュで作るのです。手作りです。
ステンメッシュ
↓手で丸めて作った網をランタンの上に乗せています。
キャップスクリーン
↓最初に作った網は失敗。深さが無く、点火と同時に落ちました。金網の丸め方が浅すぎです。↓
失敗メッシュ
で、この金網の機能ですが、光量が豊かになり、かつ燃焼音が静かになる…のだそうです。
次にコールマンのマントル(灰にする網)を流用してこのランタンに取り付けます。
マントル1
↑形を整えて紐を二回掛けしておきます
マントル2
↑ぎゅーっと締めて
マントル3
↑↓最後にかた結びをして、余りを鋏みで切り取ります。
マントル4

次に(写真では間違っていますが)ボンベを付けた後、マントルを燃やし空焼きします。
ほぼ燃えたらガスを出して点火すると灰が膨らんで丸い形になります。
マントル焼き
マントルを燃やすため着火マンを構えています(ボンベを先につけないと駄目です)
燃やしてからボンベを取りつけたりして、マントルの灰を揺らすと壊れます…。ここでは
うまくボンベ付けましたがお勧めできません。
マントル焼き1
火をつけて。
マントル焼き2
満遍なくあちこちに着火して空焼き
マントル焼き3
↑マントルを室内で燃やすと刺激のある煙が出て、喉が痛くてムセますから、窓を開けるか…
そもそも外でやるべきですね。
マントル焼き4
で↓ボンベのガスを出して燃焼させると灰が丸く膨らんで、こう言う風に発光します。
明るくて凄いランタンです。
点火燃焼試験

↓最後に、このランタンのケースは持つハンドルが無いので、100均のベルトで作りました。
ケースにバンド

ガスランタンでは相当に明るいランタンの一品ですね。良い感じ。


スポンサーサイト

テーマ : これってどお??
ジャンル : ブログ

EPIをカセットガスで







ちょっと知人との確認の都合もありまして、キャンプ用のEPIガスを、安いカセットガスで
使うところの写真をアップしておきます。

1.アダプターにEPIのコンロをねじ込んであります。
  取付部には上下に爪があります。
2.下の爪にはカセットガスの襟を引っ掛けます。
3.しっかり下の爪にハメてボンベを押し込みます
4.押し込むときはカセットの襟の欠けたところに取付部の爪がはまります
5.で、ボンべをちょっと右回りにひねります
  これでセット完了です。
6.点火です。

ランタンのレストア前・後の写真

ランタンのレストア話をちょっと拾って頂けたので、調子に乗りまして・・・・、
レストア前、レストア後の同じ個体の写真をご紹介します。
http://www.b-natural.co.jp/blog/archives/11 55  before restore.jpg 
この写真は1950年代のコールマンの(俗称)赤ランタン、品番では200Aと言う機種です。ボロボロです。タンクの中も錆び錆びでした。
バルブから何から殆ど整備、ないし、交換でした。
しかし、これでもレストア対象としては普通です。アメリカの西?海岸沿いのオーナー??のランタンなどはタンクの中が砂だらけだったり…ですから(笑)
レストアで工作で対処できないのは笠(ベンチレーターと言います)です。ここはホーロー製なので、補修のやりようが無いので、綺麗な個体の笠をオークションなどで入手したり、高価な「再ホーローの部品」を手に入れることになります。
  
http://www.b-natural.co.jp/blog/archives/11 55 after restore.JPG
この写真は上のボロボロのランタンのレストア後です。同じものなのです。
復元には愛情と根気が要ります。この個体は僕も気に入って暫く所有した後、ランタンをレストアし過ぎ、増えすぎて置き場所が足りなかったので、泣く泣くオークションに出品して、北海道の新しいオーナーさんに買っていただき、大変ご満足頂けました。(実際に落札頂いたお値段は部品代と材料代程度でしたので、僕の情熱と工作手間代はタダでした…笑)

レストア後の下のグローブ(ガラスのホヤ)には、大事に保管してあった虎の子・・・
古い「赤マークのパイレックス」(これは結構高価なんですよ)を付けて撮影だけ!!してあります。
オークションの出品ではこれは付けずに出しています。…赤いホヤは廃盤品でして、今では生産していませんから、入手困難です。

で、写真ですが、このようにガソリンでは溶けない2液性のウレタン塗装にしますと、艶がかなり凄い??と思います(自画自賛ですみません)。

ランタンのレストア品です


50年前くらいのアメリカ製、カナダ製のガソリン・ランタンのレストア(復元)を趣味的にやっています。
これは僕がレストアしたランタンの一部の写真です。
ボロボロに錆びたランタンが、新品のようにピカピカに蘇ると嬉しいものです。
キャンプ場でこういう古いグッズを使いますと、これまた詳しい方と話に花が咲いて、友達になれます。
元々錆びてボロボロだったとは思えない?でしょう?如何でしょうか(笑)

山歩きを考えています



山に行きたいと企んでいます(笑)
単純な話なのです。

先日の横手山の景色、白根の火口の美しさで、昔の思い出が蘇りましたのです。

早世した父(49才でした)が、僕が小学生の頃に連れて行ってくれた山。

美しい山の思い出が有ります。
たいした所には行っていません。

●尾瀬ヶ原
●安達太良山

尾瀬は何回か行ったと思います。登山口を選ばないと行程が辛くなるとか、どっち回りが良いとか…そんなような父と兄の会話を記憶しています。途中、小屋に泊まり2泊くらいで歩いたような気がします。
確か夏休みでした?。でも多少、水芭蕉は見れたような曖昧な記憶があります。

安達太良山は笹の一杯ある、うっそうとした緑に囲まれた山道を登って、くろがね小屋と言うところに宿泊?したような記憶があります。沼のような火口のような、凄く綺麗な景色を見たと思います。

何ででしょうか?なぜか?妙にこういう少年時代の記憶をたどって見たいと思いました。

日帰りとかで、こそっと行ってこようかと考えております。

あの景色をもう一回見たいなぁ…時間は巻き戻せないけど…。

プロフィール

b-natural

Author:b-natural
東京の日本橋で小さな会社(ビー・ナチュラル㈱)をやっております。
開発が好きな人間で、ここに仕事の事や趣味のことなどを書いております。

バッグの中身・リルビー
カバンの中身シリーズ
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。