スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本日の血圧 8月28日


本日の血圧 8月28日です。

上が 133
下が  86
脈拍  77

チョット動いている時ですから安静時よりやや高いかも?ですが、まあ133でチョット安心しました。
145とかに上がってしまいますと、一度は止めた降下剤を「また」飲まないといけませんから…。

 

スポンサーサイト

人間ドック  

今日は年1回の人間ドックに行きます。
昨年のドックの時に予約してありました。
さて、今年はどうでしょうか?
午後にはだいたいの結果が判明しますが、気掛かりなものです。
昨年は特段、問題なかったですが…。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

行ってきました。
当日で分かる範囲の結果で医師の口頭説明は、

?今日はタマタマ血圧が高いのでしょう。日ごろの管理で問題ないでしょう。良いデス。
?コレステロール値は高いですが、善玉悪玉の比率からすると問題ないデス。
?尿酸値は下がって正常の低値になってます。(去年がやや高めだった)
?レントゲン胃、胸は正常・異常なし。心電図正常。
?エコー検査の肝臓の「のう胞」も3年間、毎年大きさに変化が無いので問題ないデス。
?インスリンが低値ですが、トレーニングしている方としては問題ないと思います。

というような話でした。

当日の分かる範囲では、再検査や精密検査は不要とのことでした。

ホッと一安心でした。

オフトレ 8月17日

オフトレをしました。
と言っても病み上がり?で熱を出した後なので、どうかな?まだ止めようか?
と思いましたが、こういうのは延期するとドンドン先送りになりそうなので、
頑張って行ってきました。

8月17日

ジムのウエイトは全種類やりましたが、やはり発熱って力を奪うのでしょうか?
器具によって凄くつらい感じがしました。

腹筋と背筋が負荷45kgで20回上げるのが嫌で17回で止めました。
後はトーソローテーション(お腹をひねる)も41kgで左右やりますが
どうもいつもより、苦しく感じました。

…風邪って影響があるみたいです。

ランニングマシンは
時速7.5km~8kmのナンバ歩きを4分500mくらい。

で、その後、昨日はどうもまだ体がシャンとしないので、時速8キロ~9キロのゆったり目の
ジョギングで、距離4.5kmを走り、

最後に、
傾斜15%で時速4.5kmのスロージョグを距離1.2km。
トータル1時間の運動にしました。
消費カロリーは480カロリーくらいでした。

やはり昨日はトレーニングに行っておいて良かったような気がします。
終了後、僕の足は、いつもより「張って」いました。

風邪をひいて熱を出すと言うのは、結構、体を「ゆるませちゃう」感じがしました。
病気はいけませんですね。

ジャパンは嫌だ…「にほん」が良い

昔ある中華そば屋さんで、店主の方の文章を見ました。
中国人の方だと思います。

その文の主旨は、ラーメンを「シナそば」(支那)と呼ぶなと言うことでした。
支那とは中国を占領した日本軍が勝手につけた「屈辱的な国の呼び方」だと書いてありました。

そう言うことの感覚・意識が当時学生だった僕には無かったので、かなり驚きました。

僕はそれから支那とは言わ無い事にしました。意識が無かったのを恥ずかしく思いました。
無意識に人を傷つけてはいけないと…。

で、日本です。
僕たちに日本人は自分でジャパンって言ってません。
おそらく自国を呼ぶのに、そんな発音は無いと思います。

文明が進んでいた欧米、オランダやポルトガルの航海の人々(マルコポーロ?)のジパングとかの命名??だと思っています。

僕はこれが「不快」です。

だってジャパンなんて日本では聴いたこと無いし…。『にほん』ですから。

(でも「にっぽん」…は嫌いです。大日本帝国が思い出されるので…。)

で、「にほん」が良いです。…個人的には。

外国人に「JAPAN」って言われたら、嫌だと言いたいなあと思っています。

ここはJAPANじゃなくて「日本」(にほん)です。

世界の国々は、お互いにそう言う敬意を払うべきだと思います。

もう「JAPAN」って言われたら返事しないぞ(笑)

I came from TOKYO NIHON.
We call our country NIHON,WE DO NOT CALL JAPAN.
(私は日本の東京から着ました。ああ日本じゃ自分の国をジャパンなんて言ってません、日本です)

下手な英語で「だめ」です。すみません。

オフトレ 土日はサボりました

この週末は土日ともオフトレをサボりました。

土曜日は仕事になり、

日曜日は洗車と
ゴルフの打ちっぱなしだけにしました。

ご心配頂いておりました夏風邪はお陰様で直りました。ありがとうございました。

やはり、おとなしくしていると良いようで、お腹の方も直りました。

今週からまたオフトレを開始です。

オフトレ 8月10日 11日

今週のオフトレは
8月10日(月)
ジムのウエイトトレーニングのフルコースをシッカリやり
ランニングマシンのジョギングが
ナンバ歩き4分 約500m 時速8キロ
ジョギング 距離3km を 16分30秒 時速は平均10.7kmくらい
その後、傾斜率15% で、スロージョグ時速5km で 35分

8月11日(火)
時間が無くてウエイト・トレ無しでジョギングのみ
ナンバ歩き 4分 約500m 時速8キロくらい
ジョギング 距離3km を 16分40秒 時速平均 10.8kmくらい
速くなりません。
で、スロージョグ 傾斜率15% で 時速4.5km 40分速度落としました。


で、なんと12日の夜から発熱し38度と下痢!!でした…ひー、夏の風邪でしょうか~!…。

そして、13日は休んで寝ていました。幸い仕事はお盆で暇だったみたいですが……。

で、本日。
14日(金)仕事に復帰しました…しかし体調はまだ今ひとつですががががががー(笑)。
熱は一日で下がりましたのでーーーーー。
ぐぁんぶぁり ます。

 

スピーカー屋のお勧めヘッドフォン

スピーカー手作り屋の僕が、自分で聴いてみてお勧めのヘッドフォン(ヘッドホン)を責任を持って推薦
(なーんて)だれも期待してくれないですよね(笑)。
では、それはどう言うことか?と言いますと、
秋葉原のヨドバシカメラさんの大きなヘッドフォン売り場に買い物に行ったんです。
買おうと思ったのは密閉系のヘッドフォンで予算が1万円くらいでした。
本当に沢山試聴してきました。
勉強になりました。
結果から言いますと
パイオニアのSE-M390がウイナーです。
それでは話は手持ちの安物のヘッドフォンの比較や色々な話からスタートです。
よろしければ見てやってくださいまし。








写真一番上は、以前買ったノイズキャンセルのヘッドフォン980円です。
これなどを改めて比較試聴しました。
試聴はSACDプレーヤー(マランツのSA-7001)のヘッドフォンジャックに直結で、
オクタビアレコードのマーツァル指揮 ドヴォルザーク 新世界(SACD)
カーペンターズ シングルズ1969-1981(SACD)
GONTITI super best 2001-2006(SACD) を聞きました。


物は
1.mugrapherのHP-170です。
結論から言いますと、
「音がこもってダメです」
ノイズキャンセルの電源を入れても、入れなくてスルーでも、音がこもり気味…つまり高音不足なんです。
ですので周囲がうるさい飛行機の中などには良い??かもですが、通常のハイファイとはいえないと思いました。

残念。やはり価格なりでした。

で、僕のほかのヘッドフォンで、安くてもお勧めもありますのでご紹介します。
まず日頃気に入っていて大事にしている(エース)のが

2.オーディオテクニカの ATH-AD7 です。
このヘッドフォンは僕のエース??で現在もお気に入りです。
(2000年発売の機種で数年前購入。定価は1万6千円でした。現在はこの機種はオークションで5,000円くらいでしょう。後継機はATH-AD700 のようで、これなら現在、普通に手に入ると思います)
この機種は背面が開放型で、ヘッドフォンの耳の部分の外側が閉鎖されていないので、周囲にも盛大に同じ音が漏れます。
しかし、音の拡がり感、伸びやかさが良く、かけ心地も軽く当たりが良くて良好です。
音はフラットに感じられ高音寄りでも無いし、低音よりでもないバランスのよさ。
繊細感もあるので、まあお値段が高いヘッドフォンの入り口と言う感じです。
僕はこれを大変気に入っています。自分が始めて買った、そこそこお高いお値段のヘッドフォンです。
軽量化した樹脂フレームでできているとかで、テクニカさんの技術者の凄さが分かります。
僕はこれを聞いていると、もう、これ以上の性能は不要では?と思ったりします。

次は同じく背面開放型の安いもの
3.ソニーのMDR-CD380です。
これは2,800円くらいで買ったと思います。試聴して買ったのではなく、普段用に量販店で値段で買ったのですが、音が思いのほか素晴らしく良いのです。
思いますに高級な5万円とか8万円とかのヘッドフォンは静寂感(静けさ)があると思いますが、こういう安い物にはその空間の感じや、静けさの感覚や、繊細感はありません。

しかし、侮れません。フラットで高音も低音もそこそこで、こもりも無いしのびのびと音の抜けが良いので大変満足です。
こういう製品の設計・音決めの出来る技術者の方を僕は素直に尊敬します。本当に凄いと思います。
究極を言うと、技術者こそが日本の財産なんです。
だって物を作ることだけなら中国で十分製造可能ですが、日本のメーカーが中国で生産したものはすばらしい。結局、技術者のノウハウ(設計・チューニング・品質管理)が違うのですよね。(…同じ中国製なんだもの)

この製品は今はオークションで1,500円くらいで買えることもあるみたいです。(すでに廃盤品です)
ネットを調べますと、この機種やこの上の兄弟機MDR-CD580とか、同780は、やはり高評価のようです。ちなみに音質はATH-AD7の相似形で、迫るものがありますので、たいしたものです。
かけ心地はそこそこですが…。


その次はご愛嬌で、デジタルドラム購入時にプレゼントで付いてきたヘッドフォン
4.カスタムトライ HP-170です
これはこれで聞けるのですが、こもり感があり、全体にこじんまりして、高音も伸びていないし、低音も伸びていないので、迫力もない感じです。
音が中間の帯域に小さくまとまって、つまらないと言いますか、良くありません。もちろん高域が延びていないので、繊細な空気感は感じられません。
上下に伸びずに真ん中に集まってしまった音ですね。
お値段が780円くらいですから仕方ないと言いますか限界がありますね。

で、現行機種の他のをご紹介すると
5.ビクター HP-RX500です。
これは音の漏れない密閉型が欲しいと思い、電気量販店でテキトウに価格で選びました。2,980円くらいでした。
この機種は極端で兄弟機のHP-RX700は普通のバランスでフラット系で迫力のある音作りなのですが、この機種は完全にシャリシャリと高音寄りです。オーディオの専門の方だと『サ行が強く聞こえる』
と表現すると思います。サシスセソが強く響くのです。これはバランスが高音よりだからそうなります。
カレンカーペンターのボーカルのサ・シ・スが強いです。
聞いていてやや疲れます。僕の好みではないので、買い物失敗?ですが、ジャンルによって良いかもしれませんね。
打ち込み系の音楽や高域不足のインディーズのCDのバランスが補正されて聞こえるかもです(笑)

で、最後に最近ヨドバシカメラでジックリ試聴させてもらって買った機種。
このときは密閉型を予算1万円以下くらいで探しました。

40機種以上聴いたでしょうか…。

貴重ですあの売り場。ネットでは出来ないことですね。現実の試聴の良さ。

まあ、本当に沢山聴きました。
で選んだのは最終的に2,980円の

6.パイオニアのSE-M390です。
テクニカの密閉の1万円台の製品も実は相当に良い音でしたが、今のAD7の延長線の音でしたので、避けてみました。
また、他の優秀機で気になったのは、

ローランドのRH-300(14,000円くらい)は繊細感もあり、何しろ高品位でバランスが良好だし、

CECのHP-53(11,500円くらい)はやや低音域が不足するが、なんともいえない繊細な反応の良さと高域の美しさがキワ立ち、(バイオリンの倍音なんか最高だろうなと思わせるヘッドフォンでした)

ソニーの4,900円くらいの密閉(聴けますが、試聴サンプルの頭にかける部分が片側壊れていたので、かけ心地は評価できませんでした)とか、
上述のビクターのHP-RX700(5,000円以下)とも迷いましたが、(上位機種のRX900は壊れており片側の音が出ませんでした…試聴機は万全でないと勿体無いです)

パイオニアのSE-M390は、かけ心地などはライバルに劣るものの、高音・低音のバランスの良さ(フラット系)と音の良さ、音の抜けの良さで、選びました。

正直言って驚きの結果です。1万円クラスを買おうと思っていたのに、安いものを気に入るなんて…。
高いものは確かに良いのですが、値段の分の音の差が感じられなかったり…。そうこうするうちに、自分も2万円以上を排除して、かつ、先入観無しで選ぼうと思い、あちこち聞き比べて聴いているうちに、お値段は安いしそこそこですが、このヘッドフォンはバランスが良いので気に入りました。

ヨドバシカメラさんの試聴コーナーが無かったら、こんなに沢山のヘッドフォンの中から自分の好みの物を安価に選ぶことなど出来なかったと思います。

どうしても自分の耳でなく評判に頼るので、高いものを買いがちですし…。

良い買い物をしました。(ちなみに一個下のSE-M290と言うモデルはイマイチでした)

これを早速に家に持ち帰り、オーディオテクニカ、ソニーなどとの比較等もしましたが、掛け心地などではテクニカに負けますが、音自体は優秀であることを確認しました。

パイオニアさんの設計の凄さ、音作りのうまさを感じました。コストパフォーマンス抜群ですね。

そうそう、このヘッドフォンはまだ使い慣らし(エージング)が出来ていませんから、音が多少硬いと思いますがそれでも、GONTITIのアルバムは曲によってはテクニカ以上にうまく慣らします。

My Favorite Thingsなどはパイオニアの勝ちです。ギターのキーンと来る立ち上がりはこちらが良かったですね(笑)

もちろん6万円とかの高級機種は、前述の静寂感(静けさ)など、一聴して違いますが、値段が違いすぎますから高性能も当然と言えば当然ですし、僕にはこの機種で十分!!と思わせるものがありました。

友達からヘッドフォン、何を買ったら良いか?聴かれたら、

安くて音の良い密閉型は、パイオニアのSE-M390って言います。

お金に余裕がある人には、オーディオテクニカの2万円くらいの開放型か、さらに密閉型が良ければ、ハウジングが木製の3万から5万円の機種を薦めると思います。

バイオリンなどストリングスにこだわる方にはCECのHP-53を薦めるかもですぅ。

今回のヘッドフォンの選択は非常に面白かったです。

AERAの記事に触発されましたが、日本への原爆投下は…

僕はアメリカを嫌いではありませんが、信じ過ぎてはいません。
アメリカはアメリカの利害で動いていると思います。当然ですが…。

先だっての米国人記者の北朝鮮からの解放で、クリントン氏の動きは裏取引が想像され、嫌な感じがしました。アメリカを見ていて、日本の拉致被害者の解放のために共同歩調で動いてくれるとは思えなくなりました。

一方的な国家犯罪です…拉致は…。

それを国際社会が手をこまねいているし、ましてやあの国とディール(取引する)するなんて。

人の命を救うのは確かに優先で、仕方がない…のは理解できますが、翻って日本の拉致被害者はどうでも良いのでしょうか?例えば米国人記者の命の数分の一の価値でしょうか??この比喩は良く無いですが、
すぐに解決する「強い力」を見ると日本が尊重している6ヵ国協議って何なんだ???と思います。

アメリカは、エゴイスト(利己的)で、かなりアンフェアな考え方をする国です。
しかも、宣伝や世論操作が巧妙で賢いですし。

日本はアメリカの忠実な犬、、、、、と言う洗脳がされていると思います。

A JAPAN is a faithful country for AMERICA.

自虐的かもですが、日本と言う種はアメリカの忠実な犬??。(あえてAをつけました)
でしょうね?

で、平和ボケですね。

日本の防衛を本当にアメリカがやってくれると思っているのはおめでたい??と危惧します。
もちろん北から原爆が放たれたら、東京は数百万人が死にます。

このことを真剣に考えないで良いのでしょうか?

AERAの原爆の記事はそうだろうな!と思わせるものでした。

アメリカの原爆投下は戦争を早く終わらせるため…ではなく…破壊と人体実験が目的だった。

B-29爆撃機は広島上空を一旦通過して空襲警報を発令させた後、それを解除する時間を与え、人々が油断して外に出た頃合を狙って、急転引き返して原爆を投下し、人体への影響・被害を極大化した。
これは殺戮の実験だった…。

しかも数日後の長崎は広島のウラン型とは違うプルトニウム型原爆の投下であり、これは異種の原爆の人体実験を2回されたと言うことであった。

日本はもう敗色濃厚で、どうせ降伏は時間の問題だったのだそうです。

引き返した爆撃機に全ての鍵があるのだと記事は言っています。そうだ!と思いました。

でも僕はこの記事には、特段に驚きませんでした。(この記事の真偽は僕には分かりませんが…)
ただ、そうだろうなと思いました。

大量に殺したいし、原爆の破壊力や人体への影響のサンプルが多数欲しい…。まあ日本は敵国ですから…。でも国際法はこれほど悲惨な兵器を禁じている筈でした…。

戦争は勝者が正義ですね。

アメリカ人は、今でもその多くが「日本への2発の原爆投下は戦争の早期終結に有効だった」「正しかった」という宣伝を、今でも素直に信じているのだそうです。

であれば、「また使う」のが彼らの倫理観でしょうね。長期化したら…。
なんと言っても「正しい投下」なのですから。

(どういう理由であれ、原爆に正しい投下も正しくない投下も無いと思います…4000度の熱と放射線で瞬時に人間を焼殺する大量殺戮兵器というのが真実・本質だと思います)

僕はオバマ大統領の核廃絶発言は鵜呑みにはしません。期待を持って、強く疑っています。

言葉でなくアメリカの行動を見守りたいと思います。

引き返した爆撃機の事実を隠蔽している国なのですから…。あれは「アンフェアです」

オフトレ 8月6日 9日(インボディも測定しました) 



オフトレ、
8月6日(木)は
ジムのウエイトトレーニングをほぼ全種と
トレッドミルを
?時速8kmで ナンバ歩き(4分)
?時速5kmで 傾斜15%(最大傾斜)で 3km スロージョグ 
?ジョギング 時速10km 3km

8月9日(日)
ジムのウエイト・トレーニングをマシン全機種、しっかりやりました。(結構キツイ)
ランニングは
?時速8kmの ナンバ歩き(4分)
?時速11.7km で 3km (15分と少々)
?時速4.7kmで、傾斜15%  3km の スロージョグ 

で4ヶ月ぶりにインボディーと言うパソコンの付いている体組成?・体重計に乗っかりました。
写真お見せします。
丸裸状態ですね(笑)
体重63.6kg、体脂肪7.9kg、筋肉52.7kg、体脂肪率12.4% 
内臓脂肪断面積51.7c?

2枚目の筋肉量バランスは標準ですねー。腕だけやや良いですが、前身が黄緑になったらフィットネスとしては完璧でしょうか?

むくみとか書いてありますが、これは良く分かりません。

で、疑問なのは、首の周囲とかウエストとかの長さがどうして数字が出るのでしょうね??
実際はウエストとかは、リアルより長めに出ています。
今、僕のウエストは76cmくらいです。

手に電極握って体重計に乗っているだけなんですが??
ヒップは90.7cmだそうです(笑)。

オフトレ 8月3日 5日  

今週前半は、3日月曜日と昨日、5日水曜日にトレーニングしました。

月曜はジムのマシンを全種類やりました~。
負荷は変えてなく、じっくりやりました。
ラットプルが50kg、バタフライが65kg、レッグプレス120kg、
トーソローテーション40kg、腹筋と背筋が45kg、足の腿の筋肉での開閉が60kg
…そんな感じです。

で、トレッドミル(ランニングマシン)で、

なんば歩きを4分。

傾斜15%で時速5Kmで40分のスロージョグ。

それから時速10Kmで15分のジョギングでしたー。

4日の火曜日は筋肉が張っている感じだから休養して。
(ジムの人に筋肉が疲れたら休むのも必要ですよって言われたし…)

5日の水曜日は、トレッドミルだけをやりました。

なんば歩きを4分。

傾斜15%、時速5Kmで30分。

で、ジョギングが少しヒヨッて、時速9Kmで20分。

やはりアラフィフは、トレーニングが積み上げにならずに、疲労と回復
の反復みたいに感じます(笑)。

ダメですね~。

オフトレ 8月1日 2日

もう8月ですねー。
カラッと晴れないから、本当に困りますね。 野菜も高騰してます。
梅雨は明けないのでしょうか?
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
本日も(いつも)ご訪問ありがとうございます。感謝いたします。

ヘッドフォン(↓安価なノイズレスと5種類くらい)の聞き比べはチャンとやりましたので、写真撮ってきて、明日にでもご報告いたします。
案の定と言う部分と、意外な結果もあって、なかなか面白かったです。

土曜日と日曜日もジョギングだけやりました。
ジムに行く暇がなかったので、平地のジョギングだけです。

土曜日はノンビリと6kmを時速9kmくらいで走り。

日曜日は3キロを一生懸命に走って16分40秒(走り始めの500mはユックリですから、マア満足なスピードでしょうか?)で、その後5kmまでをユックリジョギング(時速9kmくらい)しました。

まだまだ手ごたえは無いですが、ランニングフォームやストライドを研究しないとダメみたいです。

ピッチを落とし大また気味が疲れないように思うのですが、果たして正しいのか間違っているのか?
僕には分からなくて…。

プロフィール

b-natural

Author:b-natural
東京の日本橋で小さな会社(ビー・ナチュラル㈱)をやっております。
開発が好きな人間で、ここに仕事の事や趣味のことなどを書いております。

バッグの中身・リルビー
カバンの中身シリーズ
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。