FC2ブログ

部屋の電気が点きません(壁のスイッチの交換)

先日、部屋の電気器具の丸型の蛍光灯(サークラインと言いますね)の器具がチョット暗く感じたので、管の交換をしました。

ついでに掃除などして綺麗にしたり・・・。

ああ年末年始ってこういう感じ・・・なんて悦に入ってました。

ところが、管の交換をしたのに、自宅に帰ってスイッチをつけると点灯しません・・。
で、2回くらいカチャカチャやっていると点灯します

小生は器具を疑いました。
意外に早い寿命だ・・・。3~4年くらいだな・・・。なーんて言ってました。

良くある72wのインバーターのシーリングライトです。6000円くらいの安物??です。
CREATOR'S VOICE  開発マンの独り言

でも、家に帰って自分の部屋で点灯すると点かないのは結構カックンと動作のリズムが狂うもので、かなり嫌な感じでした。

暗闇で一瞬、立ち尽くす・・・ですぅ。

そこでシンプルな電球の器具に当面交換して、後にじっくり木製の電気器具を自作しようかなんて思ってました。・・・シンプルな自作の木のシャンデリア・・・なんてどうでしょうか・・・と考えていました。
CREATOR'S VOICE  開発マンの独り言

ところが、このとりあえずの・・超シンプルな裸電球でも、カックン!!点灯しない!!・・が発生しました。

そうなるとナント犯人は「壁のスイッチ!!」ですね。
CREATOR'S VOICE  開発マンの独り言

で、壁のスイッチを自分で交換しました

念のため配電盤で部屋に来ている電流を切って感電事故を防いで・・・。
(本当はお薦めできません・・・電気工事士にお願いするべきですね)

CREATOR'S VOICE  開発マンの独り言

CREATOR'S VOICE  開発マンの独り言

確認のため外したスイッチの内部を見ましたら接点部分が長い間の接点の火花で磨り減っていました。

接点不良!!ってやつです。

修理の部品代は131円。  今度は松下製に・・・変更になりました。

CREATOR'S VOICE  開発マンの独り言

完璧に治って気分も良いです。

で・・・・残った課題は木製の手作りの照明器具・・・。いつになることやら・・・・です。

デザインは頭の中に・・・出来上がっております・・・・。
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

b-natural

Author:b-natural
東京の日本橋で小さな会社(ビー・ナチュラル㈱)をやっております。
開発が好きな人間で、ここに仕事の事や趣味のことなどを書いております。

バッグの中身・リルビー
カバンの中身シリーズ
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示