FC2ブログ

失敗しない方法

失敗しない方法


昔、会社勤めだった頃、経営トップの方から聞いて感銘を受けた言葉があります。

ちょっと面白い言い方だったのですが・・・、


『失敗と言うのは、途中で止めるから失敗になるんだよ』

『止めないで続けていれば、それは失敗ではない』

『ただ、成功への途中なんだよ・・・』と


これにはかなり驚きました。しかし、なるほど・・・でした。

そうですね。止めた瞬間に失敗が固定する・・・。


楽しい開発屋のブログ-失敗しない方法
ビジネスと言う物は毎日毎日継続していくのですから、そうだ!と思いました。

成功と失敗。


結局こういうことは、『認識』がどうか?でもあるんですね。


実際の仕事では、売上経過や顧客の状況、計数などの「止めさせられるものさし」も色々あるので、続けたくてもそう簡単には継続できない事も多いと思いますが、この場合、経営トップの発言ですから、それこそ「意志があれば止めずに済む」ので、言葉の意味合いが大きかったと思います。


しかし、この発言、最近になって気がついたんですが、開発の理念には大変合致するところがあるとも思うのです。・・・このことは、また別の機会にお話ししますが・・・。


それから、「判断の基準」でも面白い話がありました。


昔聞いた話で、玩具会社が異業種への新規参入で大変善戦しているのに、なぜか自社の判断で参入をすぐに止めたと言う(笑い)話です。

玩具会社は工夫を凝らしてキャラクターの自転車を出したと言うのです。

なかなか良くできた子供用のキャラクターの自転車だったようで、全体のデザインもなかなか良かったそうですし、小技も効いていたようです。

例えば、タイヤの模様(パターン)も多数のキャラが手を繋いでいる柄になっていて(折り紙でも沢山折った後に鋏を入れて、人がいっぱい手をつないで繋がっている細工を作ったりしますが、そう言う感じのタイヤの模様(パターン)だったそうで、なかなか凝っています・・・)水溜りを通過した後などは、回転スタンプのように道路に可愛い模様ができたそうです。


この自転車は業界的にはライバルが脅威に感じるほど、かなり売れたそうです。

確か数千とか1万とかの台数を売って、競合他社からはこれは要注意。新規参入ではありえない数字と思われた・・・。のだとか。


しかし、当の玩具会社は数的に問題外だとして、参入を中止したと・・・。

ここでの判断は売上金額でなく台数だったと言うのです。


500円の玩具の販売数と、数千円から万単位になったであろう自転車を、同じ「数」で比べてインパクトが無いと言ったそうです・・・。


売上金額は500円10万個と1万円5000台は同じですし、自転車業界が警戒したと言うのに・・・参入中止です。


この話は経営の『基準』として、確かに含蓄のある話とも考えられます。販売数は消費者への到達数だ、リーチだ・・・。だから玩具なみの数が基準で、それが必要なのだ・・とも「無理をすれば」理解できなくはないです。


しかし、もう玩具は本業としてやっていて、新規事業を目的として自転車業界に参入するのですから、「台数が不満?」だったら、それは、ちょっと調べるとわかる業界の常識の筈なので、始めから参入を止めるべき?!だったのでは?と思いますが・・・。


もともとこの話、先輩から聞いた笑い話ですからそれで良いのですが・・・。他でもありそうな話ですね。


幾ら市場分析をしても、物差しが「販売数」では・・・これもどうだろう?正しいのかな?と考えちゃいますねー。


それからもう一つ「リスクの笑い話」


小生、この話には驚いたのですが、ある大手で一流のコンピューター(ハード)会社さんの新規事業へのチャレンジ・プロジェクトの話です。


鳴り物入りでプロジェクトに優秀な人材を集め、検討を開始し、メンバーがこう言う事業はどうですか?と言う結果発表で経営陣にプレゼンしたら、それを聞いた経営陣が出した答えは・・・。『そんな新規事業はリスクがあるから止めよう』だったそうです。・・・ビックリしました。


およそ事業と言うからには、リスクが当然伴うと思うのです。

問題はリスクの質・・・リスクの最小化・・・。つまり、リスクを想定してコントロールする事が重要で、何かする以上全くのリスク無しを狙う事の方が『あり得ない』と思います。

しかし残念ですが、こう言う話は枚挙に暇がありません。


もちろん例外として、運良く自社にとってのみはノーリスクを達成することもあるでしょうが、そう言う場合、得てして下請け会社や子会社さんが大きなリスクに泣いていたり・・・。


事業にはリスクが伴う・・・これは普通と思いますがいかがでしょうか。



リスクがあるから・・・と潰されて行った新事業企画の魂たちに・・・合掌。


07-28-05 17:09 |

スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

b-natural

Author:b-natural
東京の日本橋で小さな会社(ビー・ナチュラル㈱)をやっております。
開発が好きな人間で、ここに仕事の事や趣味のことなどを書いております。

バッグの中身・リルビー
カバンの中身シリーズ
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示