FC2ブログ

CD-Rのジャケット?の手作りです

最近何度かお話しました・・・古いアナログレコードからCD-Rへのダビングですが、やはりアナログの音の優秀性が高いので、結構・・何回か楽しんでいます。

録音の段取りは、まずレコードからHDDレコーダーへの録音です。
レコードの音をプリアンプPHONO端子でイコライジングして、それをアナログでHDDレコーダーに接続して録音します。

録音レベルだけ合わせて、レコードをそのまま取り流し録音します。
それをHDDの上で編集します。

レコードの針が下りるプツ・・音や曲間の無音部分の長さの調整・・・。

HDDが録音時に自動で割り振った「曲番号」の間違い(静かなところがあると曲の途中でも一曲進んでしまいます)の修正・・・などを行います。

で、このHDDレコーダーでの修正・編集後、CD-Rに焼きます。
拙宅ではHDDがYAMAHAです。

民生機なので音楽用CD-Rを入れます。

この出来上がりのCD-Rは、音質的にはかなりアナログチックで、使い勝手はCDです。
曲を飛ばせますし、当然ですが盤面の掃除も静電気対策も不要です・・・。
これは、、、言ってみれば便利なアナログCD・・・変~なの!!・・・・ですね。

でも、でも、ですよ。
アナログは音が痩せていなくて、ふくよかで帯域幅が広い感じなんですが、CD-Rに焼いても結構、この良さは失われていないのです。

曲も飛ばせるし・・・早送りも、プログラムもシャッフルもできるレコードの登場です・・・なーんて。

で、一度やってみると、アナログレコードのCD-Rダビングはかなり・・良いなあ・・・という事になります。

でも、タダ透明のCDのケースにダビングしたCD-Rを手書きなんかでアーティスト名をメモして入れておいても良いのですが、アナログレコードのジャケットを写真にとって、それらしいCDケースを作るとこりゃまた・・雰囲気も盛り上がると言うものです

手間ですが、レコードのジャケットを写真にとってフォトショップで加工して、こういう「らしいCDラベル??」を作って楽しんでいます。

やはり気分です。アナログのジャケットの縮小版ですから・・・。
CREATOR'S VOICE  開発マンの独り言
CREATOR'S VOICE  開発マンの独り言 
※これは先日の話に出た、映画サウンドオブミュージックのアナログサントラ盤からのダビングCD-Rのケースです。ジャケットを写真に撮って加工しています。裏側なんか左右を追加して背表紙部に文字も入れています(笑)

CREATOR'S VOICE  開発マンの独り言
CREATOR'S VOICE  開発マンの独り言 
※これは23日に上野をブラブラしていて見つけたハワイのロックバンド「カラパナ」のLPアルバムをCD-Rにコピーしたケースです・・良くできてますでしょ?まるではじめからCDみたい・・なんて本人は悦に入ってます。 良いですよこのアルバム・・・・。 1曲目のジュリエットや、4曲目のblack sands (ワイキキの熱い砂・・邦題・・)なんかは最高です。懐かしい70年代の音・・・。温かいですよ打ち込みと違って・・・・。途中のリズムの少々の乱れとか人間してますなぁ・・・。
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

b-natural

Author:b-natural
東京の日本橋で小さな会社(ビー・ナチュラル㈱)をやっております。
開発が好きな人間で、ここに仕事の事や趣味のことなどを書いております。

バッグの中身・リルビー
カバンの中身シリーズ
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示