FC2ブログ

真空管アンプとカラオケのデジタルアンプ



僕の愛用の真空管アンプとカラオケ店のデジタルアンプ(激安中古)。
真空管は本当に色々やりました。
最初はキットのシングルパワーアンプを3種類とプリアンプを1種、自分で半田ごて持って作りました。

その後TRNのスーパー12(プッシュプル)を使いました。これは音質的には最高ランクに良かったですが、ややパワーがありませんでした。

その後、オークションでマニア自作のKT88のプッシュプルや、ラックスのA1033とかA3500を購入してプロの方に整備改良してもらって試したり、

さらにEL34のプッシュプルアンプにハマっていて、ラックスの回路の改良版というのを自作された方から購入(3極管接続とウルトラリニア接続の切り替え式で三極管接続だと音が素晴らしく良かったです)。このアンプは澄み切っていて切れ味抜群で、忘れられないアンプでした。

さらに、プロ級のアンプ製作者の方から、EL34の無帰還プッシュプルアンプなどを購入し、これらなどを経て、今は三極管に結局…行き着きました。

300Bと言う名球です。このプッシュプルのアンプで整流回路に5AR4という球を使っているのを音質的に非常に気に入っています。(スーパー12も同じ整流管を使うアンプでした)
音の粒立ちが違うんです。5AR4のある回路は…。

スーパー12もカインの300Pという写真の機種も設計者がなぜか同じ筈です。
(結局、後で分かったのですが、僕は同じ設計者の音が好きなのでした。(笑))

写真のアンプの前列の真ん中が整流管です。後ろの太い4本が300Bです。

真空管アンプは、使用中かなり熱を持つので、ジックリ腰をすえて聴く時以外はカラオケ店のデジタルパワーアンプ(下の写真)が活躍しています。
音質はデジタルアンプは真空管アンプにかなり似ていて、相当良いのです。
値段に関しては、真空管:デジタル は 20:1 なんですがー(笑)

スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

b-natural

Author:b-natural
東京の日本橋で小さな会社(ビー・ナチュラル㈱)をやっております。
開発が好きな人間で、ここに仕事の事や趣味のことなどを書いております。

バッグの中身・リルビー
カバンの中身シリーズ
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示