FC2ブログ

トイレ掃除のレギュラー選手

会社のトイレの掃除のことなんですが、これを続けています。
小さい会社ですから、トイレと言っても洋式の便器が一つあり、手前の部屋に手を洗うところがあるだけです。
ドア→手洗い→ドア→トイレ・・・・です。

毎週月曜日は掃除の日です。(汚れていると木曜日くらいにもトイレの掃除はしますが…)
僕は使い捨ての手袋…「毛染め」についてくるような「ビニールの手袋」…をしてトイレを徹底的に掃除します。
雑巾バケツと洗剤のスプレー、ブラシ類でやります。(ものものしい)
温水洗浄便座のノズル回りの掃除からスタートして便器の中、外、床、壁。

で、手前の手洗いの陶器の流しのカルシューム汚れや水道のカランのクモリをクレンザーなどできれいにします。

古いビルで、和式トイレだったのを入居時に大家さんが洋式に改造してくれていて、少々壁だの床だのもきれいに手入れをしてくれているのですが、元々が古いので、トイレにはあの臭いがありました。
しかし、不思議なものでこうして綺麗にしていると匂いはダンダンなくなります。
今はまったく匂いません(笑)

で、この掃除で気づいたこと。
人間が生きるって事は汚すって事だなあ…と。

特に男性は、洋式トイレを立って使用すると周囲を汚して、匂いの原因となると言う事。
また、トイレで髪を掻きあげる??人が意外に多いらしく、トイレには結構、毛髪が落ちていること。

これは、「するな」と言うことでなく、トイレで髪を弄るのなら後でそれを拾うという仕事ができると言う話しだし、男が立って使用するのは良いけど、その分、後でチャンと床や壁を綺麗にしないと、快適には使えないのです。

自分のしている事は、全ては自分達に帰ってきていますねー。…トイレも同じですね。

僕は、この「トイレ掃除」に対して、最近「仕事の原点のような感じ」を感じ始めています。

トイレ掃除は特段やりたい事では無いけど、誰かがやらないと困るし、やればやったで、自分も皆も気持ち良いし、快適です。僕だけがトイレを担当する必要も無いのですが、何故かやっています。

普通の仕事の場合には、好きな事、やりたい事も結構多いので、特にやりたいわけでもない「トイレ掃除」を仕事と引き合いに出して話すのも変なのですが、なんか自分のためには良いことだなあと思っています。
僕は「愚かなヤツ」ですから、こういう原点??を大事にしようかと。うまく説明できないのですが…。

スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

b-natural

Author:b-natural
東京の日本橋で小さな会社(ビー・ナチュラル㈱)をやっております。
開発が好きな人間で、ここに仕事の事や趣味のことなどを書いております。

バッグの中身・リルビー
カバンの中身シリーズ
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示