FC2ブログ

ミニスピーカーの製作など

連休です。
久しぶりに趣味です。
手作りスピーカーです。(超ローコストですよ)

知人のために小型のスリット・ダクトのバスレフ・スピーカー(口径8cm)を製作です。

工作はずいぶん久しぶりです。
忙しさとか、資金繰りとか?で、ずっと遠のいて…いましたから…。

物は、以前に長岡先生の図面をアレンジして作ったのと同じのを作ります。
(自分のスリット・バスレフのFOSTEXのFE87のユニットの真ん中を凹ましてしまったので、どうせ、交換も必要だったのです)

秋葉原に出かけてみると、あららら~、「ミニ浦島太郎」状態でした。

防磁型のFE-87は廃盤で在庫もなし。
定番だったFE-83も新型になって売れすぎで欠品中。

僕はこのミニ・バスレフをテレビモニターの近くに置いたりするから、まだ一応は防磁型が良いので、互換ユニットを物色。
TB社の「W3-582SC」というのが取り付け穴や径が行ける。(台湾メーカーの中国製か??)

1個1980円で、安い。

でも、ユニットはみたところフレームもプレスフレームでなくダイキャスト製(鋳物)で相当につくりが良い。

これなら音にも期待できそう。(中国製も使ってみようかな…このユニットは30日に購入)

今回はスピーカーの保護ネット、FOSTEXのK-308も合わせて購入しました。


で、連休に入り、板材は草加のビバホームで調達。
15mmの合板はラワン合板しか無くて、MDFを使用することを決意。

店のパネルソーで切って貰い、ユニットの○穴は自分でジグソーであけることに…。

板材700円で、カット代は直線11回で 330円。
まずは板を並べてみる。

材料並べ
おお、寸法は大丈夫そうだ。

で、ユニットの穴を直径72mmで丸く開ける。
ねじの穴は5mmのドリルをつかって片側4個の穴。
裏から4mm径のねじ用の「ツメ付きナット」を打ちこむ。
ナットのつめが穴の内側に出っ張って、スピーカーを入れる時に邪魔になるところは、鑢で根気良く削る。

スピーカー端子は秋葉原の安いもの一個500円くらい。(買い置き品)
この穴を裏板にも片側2箇所空けてコードも半田付けしておく(19m間隔で直径10mmの穴)
ハタ金1
↑MDFは釘を打てないからボンド付け(ハタ金で締めておく)
内部順光
↑こんな感じで出来上がっていく
内部吸音材入り
↑内部に粗毛フエルトの吸音材も貼り付け、端子もつけてコードも捻って置く。
ハタ金最終
↑最後はがっちり固定して箱は完成。

仕上げは水性ニス(水性ウレタンの刷毛塗り)

びっくりの高音質。

スリットバスレフ
写真は合板で作ったユニット交換したもの。まあ外見は一緒です。

低音は欲張れないけど、繊細さ、伸びやかさはさすがにフルレンジ一発。

これは、小音量なら相当良いので、真面目にお勧めです。












スポンサーサイト



テーマ : オーディオ
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

おすすめだろうけど・・・普通は作れないっすも~ん

こんなん作れたら、これで、飯食える!!

No title

さすが、職人ですね!自分がやったら、確実に失敗しそうです。。。

No title

ガンシンさん
コメントありがとうございます。
いやいや、この写真のやつくらいは小さいし、やったら簡単です。
が、一応工具とか持っていないと厳しいですね。

No title

がま公園さん
僕の友人が拙宅に来てスピーカーを聴いて感動して、今まで何も木工で造ったことが無いのに、1年掛けて非常に難易度の高いスピーカーをものにしちゃいました。
作っちゃう人っているんですよね。
彼はクラシック好きな人ですが、情熱で作ったんでしょうね。
がま公園さんも音楽好きな人だと、聴いてしまったら、「やりかねないです」よー。
今まで被害者??が沢山いますから。
プロフィール

b-natural

Author:b-natural
東京の日本橋で小さな会社(ビー・ナチュラル㈱)をやっております。
開発が好きな人間で、ここに仕事の事や趣味のことなどを書いております。

バッグの中身・リルビー
カバンの中身シリーズ
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示