FC2ブログ

エスクードのオーディオ改造2

エスクードのオーディオ改造の2回目です。
ユニットの話です。
僕はお店で視聴したりして、アルパインのユニットに好印象をもっていました。
それで、
入手したのはアルパインの16cm17cmクラスを3組(2個づつ6個)
取り付けて視聴した結果は
フロントに癖の無い高音質のユニットを
DDLINIER×2
↑高級品ですDDDriveですから。
DLS164URA.jpg
↑マグネットも大きくてコンデンサもコイル込みで本格派です。
DDLコンデンサー
↑でも、付属の電解コンデンサは外し、シズキのフィルムコンデンサに入れ替えてさらに高音質を狙います。
DLS164hiza.jpg
↑これこれシズキの黄色いの。音に定評あり。
DDLshizuki.jpg
↑半田付けした後の納まりも良いです。
DLS164×2ura

↓で、リアには一格下のユニットですがすっきりとしたストレートな音のこれ!!
STL-16Comote.jpg

STL-16Cura.jpg
当初はリアにはブルーのコーンのユニットをつけたりしましたが、リアスピーカーの高音は運転席から離れて
いるので減衰しますからやや高音が強めのこれが良いのかと思います。

で、紆余曲折の後、視聴を繰り返して、リアにはやや固めの音、高音の強めのユニットを使うことに決まり
ましたのです。

まあ凄い音になりました。
この後にお見せするデッドニングの効果が大きく、それとあいまって、
まさにカーオーディオとは言えない本格的な音が完成しますです。
本当に納得しましたのです。
スーパーウーハーで低音の低いところをちょっとだけカバーしたら、完璧。
完成の域でしょうね。

スポンサーサイト



テーマ : カーオーディオ
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

b-natural

Author:b-natural
東京の日本橋で小さな会社(ビー・ナチュラル㈱)をやっております。
開発が好きな人間で、ここに仕事の事や趣味のことなどを書いております。

バッグの中身・リルビー
カバンの中身シリーズ
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示