FC2ブログ

エスクードのオーディオ改造3

エスクードのオーディオ改造の3回目です。
いよいよ重たい面倒な作業。
ドアの内部のデッドニング(制振加工作業)です。
さあ修行のような作業の始まりです。
音響的にはドアの内部や内張りがビビラなくなるのは大変効果的だと思っていますが、面倒な作業なのです。
・内張りをはずし
・ビニールのシート(サービスホールカバー)を取って
・周囲の防水用のベトベトのブチルゴムを掃除して
・ドア内部の清掃ふき取り
・ブチルゴムの制振シートのドア内部への貼り込み
・吸音スポンジを適宜スピーカーの真裏などに貼り込む
・ドア内張りの裏側のプラスチックの構造体にエプトシーラー(ゴム系?の枕に使うようなスポンジ)
 を貼り込む。これは振動防止に効果的。
・スポンジや遮音材、スピーカーの裏側などに防カビ・スプレーを吹き付けて清掃・乾燥させる
・サービスホール(穴)を制振シートでふさぐ
・スピーカーユニットを好みのものに交換
・回路のコンデンサーの交換
で、デッドニングが終わったら終わったで、以下の作業が待っています…だから修行です(笑)
(・ステアリング(ハンドル)の純正オーディオ用のボリュームやソース切替のコントロール
  ボタンを社外品のオーディオでも使えるように生かす)
(・スーパーウーハーを入れて音質調整する)
などです。
こりゃあ、たまりません(笑)
0ツイーターはずす
↑ツイーターのフレームを外します。後ろにドアミラーが見えているので位置がわかりますね。
ツイーターを外すと鉄板の白い部分です。
1ドア内張りはずし1
↑ドアハンドルのところのキャップをはずし
2ドア内張りはずし2
↑これがキャップの裏側
3ドア内張りはずし3
↑で、キャップを外した内部のネジを緩めまして…
4ドア内張りはずし3裏側
↑コネクターを注意深く外して(丸の中がコネクター)(やじるしが上方向です)
5ドア内張りはずし4
↓ドア内張りを取ればドア内部のビニールの雨よけのシートが見えます
6ドア内張りはずし5
7ドア内側ビニールはずし掃除1
↑見えている中国製のスピーカーの品質はひどい!!ぺこぺこの話にならないもの(悲しい)
8ドア内側ビニールはずし掃除2
↑これが、ベトベトのブチルゴムの塊。まずドライバーなどのへらで取ってから掃除します
9ドア内側ビニールはずし掃除3
↑先輩諸兄のサイトではパーツクリーナーという話でしたが、綺麗になりません
10ドア内側ビニールはずし掃除4zippo
↑で、発見。ホワイトガソリンかジッポーオイルが綺麗になります。完璧です。
11リアドアバッフル板製作1
↑リアのスピーカーの取り付け穴に合うように型紙を作って板材(ベニヤ)でバッフル版を作ります。
12リアドアバッフル板製作2
↑ブルーに塗装したバッフルです。しっかりした厚みです。

次回に続きます。
ドア一枚で5時間くらい。ドア4枚全部で20時間くらい掛かります。
スポンサーサイト



テーマ : カーオーディオ
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

b-natural

Author:b-natural
東京の日本橋で小さな会社(ビー・ナチュラル㈱)をやっております。
開発が好きな人間で、ここに仕事の事や趣味のことなどを書いております。

バッグの中身・リルビー
カバンの中身シリーズ
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示