FC2ブログ

BS-28改の行き先

BS-28改の行き先


本ブログの「手作りスピーカー しょの6」で書きました・・・BS-28改(台湾ユニット版)がもらわれて

いきました。


小生の実兄にです。



CREATOR’S VOICE  開発マンの独り言-BS28兄の家

彼の田舎の終の棲家・・・綺麗に改装したマンションの和室に・・・届けました。


もともと大音量で再生することの多い小生の自宅では、いまいちバックロードとの比較において・・・精彩を欠くことの多いBS-28改でしたが、ここでは・・・目からウロコでした。


結構良いのです。すっきりと過不足なく良いのです・・・。ハイファイです。

彼の和室でオンキョーのMD・CD・チューナー・アンプ(なんとワンボディーです)で鳴らしますと、意外なほど良い音なのでした・・。


それは普通の「マンション音量」だからだった・・・かも知れませんが、以前10cmのブックシェルフ型バックロードホーン・長岡式のD-102を渡していた兄が、こう言いました。

「前のスピーカーは大音量でないと本領を発揮しなかったが、これは良い・・・小さな音でも凄くいい・・」と・・・。

分からないものですね・・・。


和室で小音量で、最高に良い・・・などと言われるのですから・・・。

そう言う意味では、やはり長岡先生の(オリジナルの)設計は、「半端ではない」・「良い設計」なのでしょうね。


凄いです・・・長岡先生。


BS-28改もバックロードと比較しなければ、十分エースになれると思っていましたが、その通り・・・通常の音量での再生ではかえって良いのかもと思いました。


ご報告でした。


兄はバックロードより全然良い・・と言い出しましたので、参りました・・・。


06-12-07 20:29 |

スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

b-natural

Author:b-natural
東京の日本橋で小さな会社(ビー・ナチュラル㈱)をやっております。
開発が好きな人間で、ここに仕事の事や趣味のことなどを書いております。

バッグの中身・リルビー
カバンの中身シリーズ
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示