FC2ブログ

ランタンのレストア・フォト・レポート2(フレーム)


ランタンのレストア・フォト・レポート2(フレーム)


ランタンのレストア・フォト・レポート2は(フレームとベンチレーターブラケット)にしようかなと
思います。ランタンのメンテナンスとしては、化粧の部類に入る「美観の改善」でしょうか・・。

レストアは結局、ランタンの部品を一点づつ清掃・整備することが主眼でして、部品の準備
が終われば組み立てはあっという間です。
従いまして、部品ごとに手入れに少々のコツがあったりしますので、それを出来るだけ写真
でお見せしたいと思います。
(ご紹介するやり方が、正しいかどうか?という面はございますので、お許しください)

さっそくフレームの手入れですが、
まず、バーナーのパーツを取り外してフレームだけにしておいて・・・。
①ワイヤーブラシで錆びのブラッシングです。
 大きさは歯ブラシを一回り大きくした程度のサイズのワイヤーブラシを用意して、ブラシを
 丁寧に掛け、錆をあらかた取り除くのです。
 根気が要りますがこれは重要だと思います。
 後々この手入れ済みのフレームを長く使う気持ちなのであれば・・・。

CREATOR’S VOICE  開発マンの独り言-さびフレーム1  CREATOR’S VOICE  開発マンの独り言-さびフレーム内側2

左は普通レベルの錆びです。右はフレームの裏面で、バーナーの回りが膨らんで凸凹していますが、これも錆びと油煙の塊です。丁寧にワイヤーブラシでブラッシングします。

②花咲かGの20倍希釈液にフレームを漬け込みます。
 バケツや適当な容器を選んで、完全に「つかる」深さで漬けます。
 漬け込み時間は鉄のフレームは何時間でも良い?のですが、ジックリやるなら一昼夜
 です。コツは途中の3~4時間おきに、液の中で、古歯ブラシで錆をこするのです。こうす
 ると溶けた錆が歯ブラシで鉄の表面から除去され、液に洗われ、またさらに漬け込む時に
 、この液が深いところの錆びに届く・・・ので、古歯ブラシは大変効果的なのです。
 終了後軽くふき取って乾燥すると、錆び取り完了です。腐食した後の細かい隙間の奥まで
 錆が落ち、防錆処理も完了です。錆び取りの痕は黒っぽくなっています。
 ※錆とり剤は、(関係者ではありませんが)花咲かGをお薦めします。色々使いましたが、
  花咲かGは楽なんです。この液は、確か中性のリン酸塩系で、酸性の錆び取り剤と異な
  りマイルドな効き方なのですが、錆び取り後に中和などの始末も不要で、そのまま乾か
  せば錆び止め剤の効果もあるのです。・・・とても便利です。
  これに対しまして、酸性の錆び取り剤は即効性で錆び取り効果は抜群で、折り紙つきで
  すが、酸だけあって、使用後はすすぎと中和を徹底しその後の防錆処理をちゃんとやる
  必要があります。・・・やらないとあっという間に・・・10分もすれば赤く錆びが出始めて驚
  きます。
  ですので、小生はひどい錆びの場合、作業を急ぐ場合・・には酸性を使ったり・・・して、
  使い分けています。

  錆び取りの漬け込みの必要性に関しては、小生が、もしサンドブラスター(砂を圧縮空
  気で吹き付けて錆を落とせる凄い道具)を持っていましたら必要無いと思いますが、サン
  ドブラスター無しでは今のところ漬け込みが一番信頼できるの方法ではないか?と思っ
  ております。

CREATOR’S VOICE  開発マンの独り言-さび漬け込み3  CREATOR’S VOICE  開発マンの独り言-錆び取り 4

左は漬け込み。右は錆び取り後の写真です。黒くなっていますが隅々まで錆が取れ、さすが薬品処理で・・・完璧です。

CREATOR’S VOICE  開発マンの独り言-錆び取り完了5  CREATOR’S VOICE  開発マンの独り言-錆び取り完了の6

左は錆び取り済みのフレーム上部・内側。右は全体・・・綺麗です。後は耐熱塗装です。

③耐熱シルバー塗装(自動車・バイクのマフラー用)をしてオーブンで加熱処理
 市販のスプレーの耐熱塗料を吹いて乾燥しオーブンで160度程で1時間加熱します。
 小生は大型の温度設定のできるオーブントースターで、やや高めの170度で1時間やり
 ます。・・これでフレームは完成です。  

CREATOR’S VOICE  開発マンの独り言-塗装焼付け済み7  CREATOR’S VOICE  開発マンの独り言-オーブン焼付け8

左は完成後の写真。右はオーブンで1時間焼いているところ・・・。

CREATOR’S VOICE  開発マンの独り言-ブラケット9  CREATOR’S VOICE  開発マンの独り言-フレーム修正10

左はベンチレーターブラケット・・フレームと同じやり方です。右は錆び取り後、塗装前にフレームの曲がりや凸凹の修正をしているところです。ご参考に・・。

06-20-07 15:02 |


スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

b-natural

Author:b-natural
東京の日本橋で小さな会社(ビー・ナチュラル㈱)をやっております。
開発が好きな人間で、ここに仕事の事や趣味のことなどを書いております。

バッグの中身・リルビー
カバンの中身シリーズ
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示