スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

閑散とする商店街

昨日生家のあった東急目黒線の西小山、武蔵小山界隈を用事で歩きました。

懐かしいと同時に、子供のころの記憶と比べて道路が狭かったり、既知のお店がえらく小さかったり…。

昔、大きかった本屋さんが今見ると小さいお店だった。

で、町も様変わりしていました。

お惣菜の様なものを生業として売っていらっしゃるお店は、まだかなり営業していたし、頑張っておられましたが、洋品店とか、陶器のお店とか、本当に沢山の店が無くなっていました。

大資本のチェーンに変わっているところがかなりありました。

でも…、昨日月曜日の武蔵小山商店街(アーケード)には全体で見ても、昔日のにぎわいは無かったです。

「とったど~」で有名な よゐこの濱口さんが学ラン着て何やらロケをしていましたが、商店街の人出はガラガラ。

今後、商店街が昭和の40年くらいの頃の活気を取り戻すことは無いだろうと思います。

郊外の超大型ショッピングセンターだって平日は見るも無残な人出の少なさです。

あれってペイするのでしょうか?

不景気の問題だけでなく、人口動態の問題も大きいです。

国が無策に過ぎます。

…マグカップでも買おうと思ったので、昔よく買った事のある陶器店に行ったら無くなっていました…。

考えさせられました。


テーマ : 意見・つぶやき
ジャンル : ビジネス

ヨーロッパ車が怖かった

去年の話です。
ブログに写真もありますが、アウディのA6のアバント(ワゴン型)、中古に乗っていました。
9年目くらいの中古。
速い車で、4輪駆動の性能が良く、コーナーが安定していました。
でも、もうヨーロッパ車には懲りました。

その後、あまりに整備だのマイナートラブルが続くので、アウディを好きな兄に譲りました。

そうしたら、兄が運転中に後輪のディスクブレーキのピストン部分の破壊でブレーキ液が完全に
失われ、ブレーキが全く効かず、ペダルも抜けてしまい、制動・停止が不能になりました。

結局サイドブレーキを使い路肩に寄せて止めたそうです。

高速道路じゃなかったのが、不幸中の幸い。事故は避けられました。
しかし兄は言いました。

「この車いらない。」

「こんな基本的なパーツが壊れるなんて、信頼性に問題がありすぎる。走行性能以前の問題だ。」

この故障の修理はブレーキ、1か所15万円だそうです。
4輪の交換をすすめられたので。全部やったら60万円。

もちろん4輪の交換はしないで売ったそうです。二束三文。

ヒドイ話。

僕は決めました。
アウディでもBMでも新車から乗れる?羽振りなら良いですが、中古のヨーロッパ車は避けようと…。




テーマ : 自動車全般
ジャンル : 車・バイク

お久しぶりです

皆さま
ご無沙汰しております。

弊社は相変わらず、不器用に物作りを続けております。
昨今、益々そうでございます。

リルビーも新型のデイジーでは、さらにポケットを充実させ、さらにまたお値段もお値ごろ
に下げまして、一層努力しております。

改良・機能充実で価格ダウンは大変でしたー。

カバンの中身もそうです。
バージョンアップを怠りなく、時代を反映して「スマホ」ポケットを
意識した仕様に変更しております。

最近ではこのカバンのシリーズに、手前味噌に申しますと画期的な小さなアイデアが
出ました(笑)

タテ型の一枚のパネルのトートの中身の新製品に初めて「サイドフレーム」と称して
プラスチックの骨をつけました。

縦長のベース板にポケットを沢山つけますとポケットの内容物の自重でボードが
傾いで曲がるのが避けられなかったのですが、それを解消しようとボードを厚く
すると重量増が避けられないし、縫製も難しくなるのでした。コストも上がりますし…。

で、悩んでいる時に、コロンブスの卵ではないですが、ちょっと閃いて発想を転換
できました。

良く書類にプラの表紙を付ける時などにおなじみの、背表紙部分になる書類を挟む
プラスチックを商品のベース板にはめて補強する事を思いついたのです。

これは効果絶大(笑)でした。

かくして、軽くて安価な割に曲がらない、傾がない「トートの中身」ができました。
こんな事ばかりを考えています。

また今回、In My Bag(インマイバッグ)さんからご取材頂きました。
ありがたい事に、ご興味頂き、コラボ的にプレゼントも企画させて頂きました。
嬉しい限りです。

こういうお話し、元気になれます。

長い事ブログ書いておりませんでした。
そうなんです。

社業が大変だとなかなか、人様に何かを読んで頂こうとするより、自分が
一杯一杯で余裕が無くなりますね。

そうなんです。

大変でした。

ゲームの市場変化の急だったこと。
ゲームの撤退。

雑貨で健闘したと思ったら、「震災」

弊社は震災の影響が多大でした。

売り上げがひどく減りました。

そんなわけで最近やっと我にかえることができた感じです。

お恥ずかしい限りです。

関係各所のみなさんに、本当にお助けいただいて何とか頑張れています。

最近は商品の方は堅調に推移しています。

「カバンの中身」も「リルビー」もおかげ様でご愛顧いただいております。

業容厳しい中でも、このお客様のご愛顧が励みです。

何とか良い方向に向かっています。

今日は感謝のお話しをしたくて久しぶりに書いております。

ありがとうございました。

テーマ : 今日のブログ
ジャンル : ブログ

スキーで転倒!痛かった

先週
5月4日。
早朝出発して、学生時代のスキーのクラブの仲間と30年ぶりくらいに
志賀高原、一ノ瀬スキー場に行ってきました。

で、この日の午後にファミリースキー場で転倒してひどく、わき腹を打ちました。

痛かったー。

本人はなぜ転んだの?的な、突然足を取られる転倒でした。
春の重い雪がアウトエッジを引っ掛けたのか?小さなブッシュに引っかかったのか?
結構スピードもあったのでやばかった。

で、やった時から、もう「わき腹が痛くて」洒落になりません。

結局夕方までは、息を殺しながら何とか滑ったものの、スキーになんない(笑)

晩飯の頃には、くしゃみなどしたら1分以上、口が利けないくらいの
激痛(笑)

で、とうとうホテルの方に救急病院を伺い、24時間診療の
長野厚生連 北信総合病院(信州中野)
を紹介いただき、自分で運転して山を降り、向かいました。

素晴らしい病院で休日夜間診療なのに診察室が5つ開いていました。

8時頃に病院について9時半までにレントゲン検査、湿布薬、鎮痛剤などの投薬まで
終わりました。

本当に有難かった。看護師さんも大変親切。

で、骨折は無かったものの、痛みがひどいので、翌日のスキーは無理と判断して、
既に荷物を積んであり、チェックアウトはしていたので、病院からそのまま帰路に
着きました。

なんと結局、志賀高原・日帰りです。

1週間以上たって、今日13日はまだ痛みはありますが、相当に回復しました。

やはりお医者さんの話のとおり、「14日くらいは痛いですよ!」

は本当でした。

年寄りの冷や水??のお話(笑)。

仲間とのすべりの動画はこれです。

雪陵会動画

ああ、若い現役学生の諸君も一緒です。

僕はヘロヘロです。



ガスランタンのメンテナンス

気になっていた中古ガスランタンをゲットしました。
SF2000外観

…サウスフィールド(アルペン)の3マントル(光るところが三つ)の大光量ランタンSF2000を
オークションで入手。
中古品で、それなりの品質です。
メンテナンス・整備が必要です。
分解して丁寧に清掃し、特にニードル・ノズルの部分(ガスの出る針のような穴)を細いクリーナの針金
で掃除をし、さらに干からびた小さな虫の死骸なども掃除して…いましたら、バーナーキャップ・スクリ
ーン(ガスの出口の金網の部分)がボロボロに崩れてしまいました。
錆びて痛んでいたのですね。(びっくりです)
で、パーツを手作りすることにします。
バーナー1
↑↓3個のバーナーの先端に丸めて作った金網を入れています。
バーナー2
で、↓こういうステンレスのメッシュで作るのです。手作りです。
ステンメッシュ
↓手で丸めて作った網をランタンの上に乗せています。
キャップスクリーン
↓最初に作った網は失敗。深さが無く、点火と同時に落ちました。金網の丸め方が浅すぎです。↓
失敗メッシュ
で、この金網の機能ですが、光量が豊かになり、かつ燃焼音が静かになる…のだそうです。
次にコールマンのマントル(灰にする網)を流用してこのランタンに取り付けます。
マントル1
↑形を整えて紐を二回掛けしておきます
マントル2
↑ぎゅーっと締めて
マントル3
↑↓最後にかた結びをして、余りを鋏みで切り取ります。
マントル4

次に(写真では間違っていますが)ボンベを付けた後、マントルを燃やし空焼きします。
ほぼ燃えたらガスを出して点火すると灰が膨らんで丸い形になります。
マントル焼き
マントルを燃やすため着火マンを構えています(ボンベを先につけないと駄目です)
燃やしてからボンベを取りつけたりして、マントルの灰を揺らすと壊れます…。ここでは
うまくボンベ付けましたがお勧めできません。
マントル焼き1
火をつけて。
マントル焼き2
満遍なくあちこちに着火して空焼き
マントル焼き3
↑マントルを室内で燃やすと刺激のある煙が出て、喉が痛くてムセますから、窓を開けるか…
そもそも外でやるべきですね。
マントル焼き4
で↓ボンベのガスを出して燃焼させると灰が丸く膨らんで、こう言う風に発光します。
明るくて凄いランタンです。
点火燃焼試験

↓最後に、このランタンのケースは持つハンドルが無いので、100均のベルトで作りました。
ケースにバンド

ガスランタンでは相当に明るいランタンの一品ですね。良い感じ。


テーマ : これってどお??
ジャンル : ブログ

プロフィール

b-natural

Author:b-natural
東京の日本橋で小さな会社(ビー・ナチュラル㈱)をやっております。
開発が好きな人間で、ここに仕事の事や趣味のことなどを書いております。

バッグの中身・リルビー
カバンの中身シリーズ
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。